健康志向の高まりから、スーパーやコンビニにはスムージーやジュースなど、フルーツや野菜を使ったドリンクがたくさん並んでいます。思わずそのおいしさにハマって飲んでいくうちに、自分好みのスムージーやジュースを家でも作ってみたくなったという方も多いのではないでしょうか。そこで必要となるのがミキサーやジュースですが、自分が飲みたいタイプのドリンクを作るにはどちらを買えばいいのでしょうか。

似ているようでまるで違う、スムージーとジュース、そしてミキサーとジューサーの違いについてご紹介します。

ミキサーとジューサーの違い

つい見た目も似ていることからスムージーとジュースを混同しがちです。しかし、スムージーとジュースでは味わいにも摂取できる栄養にも違いがあります。また、それらを作る道具も異なります。似ているけど実は違う両者について説明します。

知っておこう!ジュースとスムージーの違い

スムージーとジュースはそれぞれ以下のような特徴があります。

スムージーとは?
野菜や果物をミキサーやブレンダーで粉砕して混ぜた飲み物です。もともとスムージーは、アイスクリームや凍らせた食材などをミキサーにかけた飲料の総称でしたが、最近では葉野菜を使ったグリーンスムージーの流行もあり凍らせていない食材を使ったものもスムージーと呼ばれています。

スムージーはミキサーで食材を丸ごと粉砕して作るドリンクなので、ビタミンやミネラル、食物繊維などを豊富に摂取できます。繊維質を含むドロっとした液体のため満腹感も得られます。

ジュースとは?
野菜や果物の果汁を搾った飲料です。皮や種、食物繊維などを取り除いた果汁のみのサラサラの液体状で、飲みやすいのが特徴です。また「ジュース」という品目で販売されている飲料は、JAS(日本農林規格)の果実飲料品質表示基準で、1種類の果実を搾った果汁、またはそれに砂糖などを添加したものとされています。

スムージーとジュースの違いは、食材丸ごとか果汁だけかの違いということになります。栄養素優先ならスムージー、飲みやすさ優先ならジュースがおすすめです。

ミキサーの特徴

似て非なるスムージーとジュースですが、それらを作るのに思い浮かべる家電といえばミキサーとジューサーです。しかしミキサーとジューサーにも機能に大きな違いがあります。

ミキサーは、野菜や果物など固形の食材を粉砕、攪拌して粘度のある液体状にする調理家電です。モーターでブレード(刃)を高速回転させることで食材を細かく粉砕します。フードプロセッサーと似た役割をしますが、ミキサーは水分を多く含む食材を細かくドロドロの液体状になるまで粉砕し、フードプロセッサーは水分の少ない食材をみじん切り大に粉砕するという違いがあります。
ミキサーは料理のソースやポタージュスープ、おかゆ作りなどに適しています。

ミキサーという呼称は日本独特のもので、英語圏では一般的にブレンダーと呼ばれています。日本では、据置きタイプのものをミキサー、片手で握って調理中の鍋などに直接入れて使うものをハンドブレンダーと呼ぶ傾向にあります。

ジューサーの特徴

ジューサーは、野菜や果物をすりつぶし、繊維質と水分に分離することで果汁100%のサラサラの液体を作る調理家電です。ブレードを高速回転してすりつぶした食材を遠心分離して果汁を搾り出す仕組みが一般的ですが、最近では、ブレードを使わずにスクリューを低速で回転させ、時間をかけて食材を圧縮しながらすりつぶすことで食材の酸化を抑え、摩擦熱を発生させないことで酵素や栄養素を壊さないスロージューサー(低速ジューサー)が人気です。

ジューサーは、ミキサーと違って繊維質を取り除くのでサラサラとしたのど越しの良い仕上がりになります。

食物繊維や果肉をそのまま飲む「スムージー」作りにはミキサーがおすすめ

野菜や果物をまるごと粉砕して作るスムージーに適しているのはミキサーです。氷も粉砕できるタイプのミキサーならば冷たくておいしいスムージーが作れます。

そもそも、スムージーは1920年代にミキサーの店頭販売で作られたことがはじまりでした。当時は凍らせた果物や野菜に牛乳やアイスクリーム、ヨーグルトなどと、ハチミツやガムシロップなどの甘味料を加えてミキサーにかけて作られていました。

やがてミキサーが一般へと普及したことで、スムージーも広まっていきます。当初は甘いおやつのようだったスムージーも、グリーンスムージーのような健康志向のものが作られるようになり、2010年代に入って日本でも高い人気を呼ぶようになりました。ちなみに『スムージー(smoothies)』の呼称の由来は、野菜や果物だけでミキサーにかけるよりも牛乳などの水分を加えてミキサーにかけた方が「なめらか(smooth)」になる、というところからきているそうです。

そんなスムージーの良いところは、野菜や果物を丸ごと摂取できるところです。ジュースだと調理過程で取り除かれてしまう食物繊維などもスムージーには含まれるため、ジュースより栄養豊富。皮や種に含まれる栄養素もしっかり摂取することができます。
また野菜、果物、乳製品、ハチミツなどいろいろな食材を組み合わせることで飲みやすくおいしく仕上がるため、野菜嫌いの方の栄養補給にもおすすめです。

『スムージーをミキサーで簡単手作り!おすすめレシピと健康美容効果』

スムージー作りにおすすめのミキサーの選び方

健康や美容のためにスムージーを手作りしたい! という方に最適なミキサーはどのようなミキサーでしょうか。
まずおいしいスムージーを作るためには、「ハイパワー」であることが必須です。ハイパワーで食材を細かく粉砕できないとなめらかで舌触りの良い飲みやすいスムージーを作ることができません。

また毎日の生活に取り入れるためには「お手入れが簡単」であることも重要なポイントです。後片付けが面倒だと、ミキサーを使うのをためらってしまいます。細かな分解掃除が必要なミキサーより、コンテナ(容器)に水と洗剤を入れて攪拌するだけで洗浄ができるものや、食洗機対応のミキサーだとお手入れに時間も手間もかける必要がないのでおすすめです。

さらに注意したいのが調理できるコンテナ容量です。通常、コンテナ容量の7割程度の材料で調理することが理想だとされています。それ以上だとあふれやすく、少ないと空回りしやすくなるからです。例えば400mlのスムージーを作る場合は、600ml前後のコンテナのミキサーが最適となります。

そして性能や機能はもちろんですが、気になるのがサイズとデザインです。長く愛用するためには、キッチンに置きたくなるミキサー であることも重要です。インテリア性のあるおしゃれなデザインだと毎日の料理が楽しくなりそうです。

関連記事:バイタミックスのミキサー(ブレンダー)で美味しい栄養たっぷりなスムージーの作り方!あなたの目的に最適なミキサーの選び方とおすすめレシピ
関連記事:毎日のスムージー作りにおすすめ!洗いやすさで選ぶミキサー

キッチンに置きたい!使いやすくておすすめのミキサーは?2019年人気のミキサー! 気になる繊維質もなめらかにするパワフルなミキサー「バイタミックス」

現在、国内・国外問わず多くのメーカーからミキサーは販売されていますが、なめらかでおいしいスムージーを作りたい方におすすめなのが、バイタミックス社のミキサーです。美容や健康に気をつかうモデル・スポーツ選手などのセレブやプロの料理人が愛用していることでも知られています。バイタミックスのミキサーがおいしいスムージーを作れる理由は、圧倒的なハイパワーにあります。

ハイパワーだから驚くほどなめらかなスムージーに!
バイタミックスのミキサーは、氷もアボカドの種もなめらかに粉砕するほどの圧倒的なハイパワーで、驚くほどなめらかなスムージーを作ることができます。パワーの弱いミキサーだとどうしても舌触りが悪くなってしまう繊維質の多い葉物野菜や果物の皮や種まで、バイタミックスのミキサーなら細かく粉砕します。

ハイパワーだから栄養満点!
またバイタミックスのハイパワーは、飲みやすいなめらかな舌触りに仕上げるだけでなく、私たちの咀嚼では抽出できない栄養素を、野菜や果物の細胞壁を細かく粉砕することで、効率よく摂取することも可能にしてくれます。かたい皮や種に多く含まれ、抗酸化作用があるとされるファイトケミカルなどの希少な栄養素も容易に体に取り込むことができます。

さらにハイパワーのため、短時間で食材を細かくできるのが魅力。ミキサーにかける際に発生する摩擦熱を抑えることができ、ビタミンや酵素などの熱に弱い栄養素を壊すことなくスムージーを作ることができます。

スムージー生活には『S50』がおすすめ!
ハイパワーなバイタミックスのミキサーは、なめらかで栄養満点のスムージー作りに最適ですが、数ある商品ラインナップの中でも特におすすめなのが、『バイタミックス(Vitamix)S50パーソナルブレンダー』です。

食洗機対応で後片付けも簡単。キッチンでも邪魔にならない横幅15cmのコンパクトサイズでおしゃれなデザインも魅力です。そして何より便利なのが、そのまま外に持ち運べるTO GOカップが付属していることです。TO GOカップはコンテナとして使用でき、そのまま取り外してコップのように使用したり、フタをすれば持ち運んだりできるすぐれものです。

バイタミックス(Vitamix)S50パーソナルブレンダーにはスムージー用の自動プログラム機能も付いているので、材料をTO GOカップに入れてスムージープログラムをONすれば、身支度を整えている間においしいスムージーが完成。そしてTO GOカップにフタをして持ち歩けば、気軽におしゃれに栄養満点のスムージーを毎日の生活に取り入れることができます。

まとめ

  • スムージーはミキサーで食材を粉砕したドロっとした飲料
  • ジュースは食材の繊維質と水分を分離した果汁でサラサラの飲料
  • ミキサーはカッター刃を高速回転して食材を粉砕し撹拌する調理器具
  • ジューサーは食材をすりおろして遠心分離で液体だけ絞り出す調理器具
  • スムージーは食材丸ごとの栄養素を摂取できる
  • スムージー作りのミキサーの選び方は、ハイパワーでお手入れが簡単であること、調理できる容量や愛用できるデザインかをチェック

スムージーは、野菜や果物の栄養を豊富に摂取できるおすすめの健康ドリンクです。よりおいしく、より栄養満点なスムージーが作れるのはバイタミックスのハイパワーなミキサーです。圧倒的なハイパワーで、驚くほどなめらかで、食材の皮や種に含まれる希少な栄養素まで摂取できる『バイタミックス(Vitamix)S50 パーソナルブレンダー』 で、スムージーを毎日の生活に快適に取り入れましょう。