スムージーとフルーツ

パワフルなブレードで固いものも粉砕できる、vitamix(バイタミックス)。ヘルシーなスムージーが簡単に作れるアイテムのため、特に女性に人気です。「スムージー以外にも使い道はある? 」「高価なものだから、できるだけたくさん活用したい」という人も多いでしょう。vitamixはスムージー以外のレシピはもちろん、いろいろな料理に活用できます。この記事では、vitamixの基本的な使い方から、意外な使い方、はじめて使用する人のために知っておきたい準備やお手入れ方法などを解説します。これからvitamixを購入したい人から、自宅にあるvitamixをもっと活用したい人まで、ぜひ参考にしてください。

基本から意外な使い方まで!vitamixの8つの機能を紹介 

アサイーボールとスプーン

vitamix(バイタミックス)には、以下の8つの基本的な機能があります。工夫次第でいろいろな使い方ができるのも、vitamixの魅力です。

  • 混ぜる
  • 砕く
  • 冷やす
  • 刻む
  • 温める
  • 挽く
  • つぶす
  • 攪拌

お店でつくったようななめらかさのスムージーも作れる「混ぜる」 

ブレンダーの基本である「混ぜる」機能です。vitamixは、野菜や果物の繊維を分子レベルまで分解して混ぜられます。ブレンド専用のブレンダーよりも、なめらかなスムージーやスープを作ることも可能です。手間のかかる手作りマヨネーズや生クリームも、vitamixなら素材を入れるだけで作れます。

アボカドや氷もそのまま「砕く」

vitamixは、家庭用のミキサーの約3~5倍のパワーを持っています。一般的なミキサーの場合、食材をやわらかくするか、細かくするかして入れなければいけません。vitamixは食材や氷をそのまま入れても驚異的な粉砕力で砕くことができます。

アボカドや氷、かつおぶしなどもそのまま入れられます。野菜の種や皮、魚の骨なども砕き、混ぜてなめらかに。本来なら捨ててしまう部分からの栄養素も手軽に取れますし、ゴミも減らせます。

フローズンデザートも手軽に作れる「冷やす」

vitamixに凍った食材や氷を一緒に入れれば、アイスクリームやフローズンデザート作りもできます。

調理の時短にも! 「刻む」 

vitamixはフードプロセッサーとしての機能も持っています。野菜のみじん切りやすりおろしができるので、調理の時短にも活用できるアイテムです。玉ねぎのみじんぎり、大根やしょうが、にんにくのすりおろしなど、面倒な料理も手軽にすばやく仕上がります。

フードプロセッサー機能を活用し、離乳食作りも可能です。なめらかにすりおろす、みじんぎり、など赤ちゃんの月齢や離乳食の進みに合わせた仕上げも簡単にできます。

摩擦を利用して温かいものも「温める」

vitamixのコンテナのなかに食材を入れると、食物同士の摩擦によって熱が発生します。これを活かし、スープやポタージュ、ホットスムージーなどの温かいものを作ることも可能です。鍋を使わずにスープが作れるので、洗い物も減らせます。

スムージーを一年通じて習慣にしたいときも、夏は冷たく、冬は温めてと好みで作れるので続けやすいでしょう。

乾いたものもこまかくできる「挽く」

vitamixは、野菜や果物などの汁気のあるもの以外にも使えます。コーヒー豆やナッツ、お茶の葉の粉砕も可能です。コーヒー豆を自宅で挽いたり、お茶の葉を粉茶にしたり、ナッツやごまからペーストを作ったりと、幅広い使い方ができます。

単品のソースやディップ作りもできる「つぶす」

vitamixのパワーを使って、固いものもなめらかになるまでつぶすことができます。いろいろなものを入れてスムージーやスープ、食材を単品で入れてディップやソース、ドレッシング、バターなども作れます。アボカドのディップなど、固い食材を材料にすることも可能dす。

下ごしらえから混ぜ込みまで「撹拌」

vitamixは撹拌機能もあるので、いろいろなものをこねる事も可能です。パン生地やひき肉をこねて、料理の下準備もできます。生地に素材をまぜこんでの 撹拌も可能です。手が汚れない、時短になる、vitamixに撹拌をまかせている間に自分はほかのことができるなど、料理にうれしいポイントが豊富な機能です。

vitamixを使用するときにつまづくポイントを解説 

腕組みをして考える女性

はじめてvitamix(バイタミックス)を使うとき、または使っているときに「電源が入らない」「お手入れ方法はどうするの」など、疑問や悩みにぶつかることがあります。メーカーの問い合わせページを参照にした、vitamixの使い方でよくある疑問と解決方法を解説します。

お手入れは簡単?

vitamixは使用後のお手入れも簡単です。使用後はコンテナに水(またはぬるま湯)、適量の中性洗剤を入れます。その後Highモードで30秒程度回してからよくすすぎます。その後乾か すだけで完了です。こびりつき汚れが残っている場合には、柔らかいスポンジやブラシ等で取り除きましょう。ブレードや、その他パーツ類の取外しなど面倒な作業は必要ありません。

毎日使う場合や、忙しい人ならもっと簡単なお手入れ方法もあります。ジュース、スムージー作りの場合は水ですすいだあと、1/3~半分くらいまで水を入れ、洗剤を1~2滴たらします。洗浄力を高めたいときにはお湯も可能です。10秒くらい稼働し、水気を切ってお手入れが完了します。週に 程度スポンジで軽く洗えば、外観の美しさも保てます。徹底的に洗浄したい時には、台所用漂白剤を使用するのがおすすめです。

コードはすべて出さないとだめ? 

vitamixのコードは約2m40cmあります。vitamixの設置場所とコンセントが遠くても、ある程度の範囲なら対応できて便利です。このコードは、使用時すべて出さなくても問題ありません。電源の差し込み口から本体までの距離に、必要な長さだけを出して使いましょう。出さなかったコードは、本体裏面に巻いて保管できます。

コード収納部分のプラスチック板は、柔らかい素材です。コードを長く引き出したい場合はコードを引っ張り上げましょう。収納したいときはぐっと持ち上げ、その下にコードを滑り込ませれば使わない分は収納できます。

タンパーの使い方は?

タンパーは食材を混ぜるときや、食材がコンテナの内部でつっかかって動かなくなったときに使用するアイテムです。毎回必要ではありませんが、水分量の少ないものや大きな食材を入れたときにはタンパーを活用しましょう。

タンパーはvitamixの蓋をした状態で使用しましょう。タンパーがブレードにあたらないためです。使い方に慣れてくると、ついつい蓋をしないで使ってしまうことが多いですが厳禁です。タンパーがブレードに当たって破損する原因となります。

タンパーを使うときは、蓋はしっかりとセットするのも重要です。つばを持ち上げて、本体を抱きかかえるようにして蓋をセットしましょう。

コンテナがぐらついている?

vitamix本体の上部には、コンテナを乗せるための黒いゴム(センタリングパッド)を設置しています。ぐらつくのは、センタリングパッドを設けているためです。

vitamixのモーターからのパワーをダイレクトに伝えてしまうと、徐々にコンテナが傷んでしまうため、遊び部分としてセンタリングパッドを設けています 。そのため、コンテナがぐらついていても問題ありません。なお、センタリングパッドは取り外して洗うことができます。

長く快適に使えるコツはある?

電源を入れる前にコントロールパネルの中央のスピードダイヤルを1、左の切り替えスイッチをVariableにしておきましょう。電源を入れ、ダイヤルを少しずつ上げます。10になったらHighにします。電源を切るときには、逆の手順を行いましょう。

この手順を踏むことで、モーターにかかる負荷が少なくなります。また、Highのままで電源を入れてしまうと食材が蓋から飛び出したり、蓋の内部に食材が分散してしっかり混ぜられなかったりもします。

入れてはいけないものはある? 

特にありません。皮や種、芯、骨などふだん捨ててしまう部分も、vitamixなら一緒に入れられます。ただしバナナや柑橘類の皮は渋みが強いため、あまりおすすめできません。

作れる最小の量は?

ジュースやスムージーの場合は食材を入れた時にブレードが隠れる程度の量、200~300cc(コンテナの底面積の差により異なる)が最小の量になります。

ナッツバターの場合、最小量はコンテナによって異なります。2L(AcentとPro750)は400g、2Lまたは1.4L(TNC5200とE310)はともに300gです。ほか0.9Lは250g、ブレンディングカップ(S30とAcent)は100gが最小量です。慣れればより少ない量も作れます。最初は失敗することを踏まえて、最小の量を守って作るようにしましょう。

ほかのコンテナは必要? 

vitamixを購入すると付属している標準コンテナは、ウェットコンテナです。ほかにも追加で購入できるいろいろなコンテナがあります。たとえばドライコンテナは乾いたものやパンなどをこねるときに使うと、ウェットコンテナよりも早く効率よく仕上げられます。

コンテナを追加で必ず購入する必要はありませんが、取り入れるとより便利です。用途に応じてコンテナも買い足すと、さらにいろいろ な用途でvitamixを活用できます。

電源が入らない!

vitamix本体をひっくり返すとコードがあります。コードがコネクト部分にしっかりささっていないと、電源が入りません。電源が入らないときには、コードをしっかりコネクト部分に入れ直してみましょう。それでも入らなかった場合は 、修理依頼が必要です。

経年劣化の消耗品部分はある?

本体とコンテナを接続している部品であるドライブソケットは、1年単位で交換が必要です。新しいドライブソケットのみを単品で購入して交換できます。vitamixを購入すると付属している六角レンチは、ドライブソケットの交換に必要なパーツです。捨てないようにしましょう。

ドライブソケットを外すと接着剤のようなものがついていますが、取り除いてしまって問題ありません。ただし、本体に入らないように注意しましょう。

vitamixは料理の時短や離乳食作りにも使えるアイテム

vitamix(バイタミックス)は標準で8つの多彩な機能がついています。料理の時短や離乳食作りなど、いろいろなシーンに活用できるのが魅力です。さらに、美容と健康にうれしいスムージーも手軽に作れてうれしいですよね。固い食材やふだんは捨ててしまう部分もまとめて粉砕できます。ぜひvitamixを取り入れて、スムージー作りはもちろん料理や生活を便利にしてみましょう。

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

▼ショップはこちらの画像をクリック!!

 

お客様の毎日にそっと寄り添える。

バイタライフはそんなお店でありたいと思っています!

これからも、バイタライフをどうぞよろしくお願いいたします(*´∀`*)♪