Pro750と5200

 

本日もご覧いただきありがとうございます♪

バイタミックス(Vitamix)専門店

バイタライフ店主の鈴木です(^^)

 

毎日多くの方々から、ご注文・お問い合わせいただいております!

嬉しいことに夏を迎えて、ご注文がかなり増えてきました!

 

そんな中で、Vitamix TNC5200を検討されている方々から、

お問い合わせを受けることが多いことに気づきました。

 

そして7月の頭に、W様からお電話でこんなご質問を受けました。

 

「TNC5200を買おうと思ったら、ネットでPro750というモデルがあることを知りました。

せっかく高い買い物なので、良いものを買いたいです。5200をPro750の違いを教えてほしいです!」

 

というお問い合わせでした。

 

W様は、最終的にVitamix Pro750を購入されて、

到着して、使用後もご丁寧にご連絡いただきました。

 

以下が購入後にいただいたメールをご紹介させていただきます。
(※W様に許可をいただいて掲載させていただいてます。)

 

お客様からのメール

 

 

このようなご連絡をいただけることが、何よりも嬉しいです^o^

 

W様にご説明したように、今回のブログでは

バイタミックス Pro750とTNC5200の比較を書いていこうと思います!

 

当店でバイタミックス Pro750をご購入いただいた

お客様の【生の声】が知りたい方は、

バイタミックス Pro750 – 購入者様の口コミまとめも合わせてご覧ください。

 

1.本体の機能

Pro750とTNC5200の機能比較

 

本体のモーターベースの機能の違いについて書いていきたと思います。

本体の特徴は、主に3点ありますので、順にご説明していきます♪

 

1−1.主電源の有無

まずPro750には、本体に向かって右側に、主電源のON/OFFスイッチが付いております。

ですので、プラグがコンセントに挿された状態でも、主電源を入れない限りは回りませんので、

お子様などが触ってしまい、ミキサーが勝手に回ってしまうことを防ぎます。

 

対してTNC5200には、主電源のスイッチがありません。

プラグをコンセントにつなぐと、勝手に電源が入ってしまい、抜くまでは電源が切れません。

これだと少し危ないですし、微量ではありますが電気代もかかります。

特にお子様がいらっしゃる家庭では、不安要素の1つになってしまうかもしれません。

 

1−2.パルススイッチの有無

パルススイッチとは、スイッチを押している時だけブレードを回すことのできる機能です。

 

鈴木さん、そんなの必要あるのですか?と言われそうですが、

例えば、スムージーを作っていて、もう少しだけ回したいなんてことありませんか?
そんな時にパルススイッチを押している間だけ、ミキサーが作動します。

Vitamix TNC5200には、パルススイッチが装備されていません。

 

対して、Pro750は、このパルススイッチが付いております。

私は最後に少しパルススイッチを作動させて、
スムージー内の空気を少し抜く作業を必ずしているので、毎日使う機能です。

必要のない方には、いらない機能ではあります!

 

1−3.Pro750の5つの自動プログラム

Pro750前面パネル

 

TNC5200は、特に機能がありませんので、

ここでは、Pro750の5つの全自動モードについて書いていきます。

 

国内では販売されていないPro750ですが、とても主婦の方の味方となる機能がついております。

それが全自動で調理・洗い掃除をしてくれる機能です。

 

上の画像の真ん中のスイッチの右側が1〜10のスピードダイヤルで、

スイッチの左側が、その全自動の機能モードです。

 

上から左に、

スムージー・フローズンデザート・ホットスープ・ピューレ・セルフクリーニングの5つのモードです。

それぞれのモードで最適なスピード、調理時間が前もってプログラミングされているので、

自動で調理が可能です。

 

ですので、ミキサーを回している時、その場にいて混ざり具合を確認をする必要がなく、

朝の忙しい時間帯には重宝します(´∀`)♪

 

またセルフクリーニングのモードも、とても便利です。

日本のミキサーでありがちなのが、使用した後に、分解して洗うという作業です。

 

Pro750は、使用後のコンテナに水を入れ、少し洗剤を入れて、

セルフクリーニングモードでスタートすると、自動で洗浄してくれますので、

ブレードの裏などの洗いにくいところも簡単に掃除が可能です!

 

2.音量の違い

TNC5200は2007年に発売されたモデルなので、

新しいモデル(Pro750や780)に比べて、音が大きいのは当たり前といえば、当たり前かと思います。

 

他のPro300,780などのGシリーズのモデルと同様に、

Pro750はこれまでのモデルよりも少し音が小さいです。

 

Vitamix社は、Cシリーズのモデル(TNC5200,Pro500など)よりも

40%音を削減して、Gシリーズを発売しました。

 

海外のブロガーの調査によれば、

低速での音量は、確かに40%ほど削減されているようですが、

高速でミキサーを回した時の音量は、ほとんど変わらないようです。

 

ですので、最大で40%削減という表現が正しいでしょう。

 

TNC5200が、かん高い音なのに対して、

Pro750は、低めの音でモーターからの風が抜けていくような音で、

個人的には、音質が変わっているように思いますので、

Pro750のほうがTNC5200よりも静かに聞こえます。

 

 

3.コンテナとブレード(刃)の作り

Pro750とTNC5200のコンテナ

 

TNC5200とPro750を比較する際に、あまりスポットライトを浴びませんが、

このコンテナの違いも、かなり大きな差がつくポイントです!

 

3−1.コンテナの高さ

まず左のPro750のコンテナは、

底が広くなり、Pro750にセットした時の高さが43cmほどで、

TNC5200よりもかなり低くなっております。

 

対してTNC5200のコンテナは、底が狭く、高さがあります。

5200にセットした場合、51cmほどの高さになるようです。

 

メリットは、身長が低くなったことです。

約8cmほどの高さの違いがあります。

 

女性の方が使用されることを考えると、高さは低い方がいいと思います^^

 

また台所の高さに51cmのものがあると、

かなりの圧迫感があるのは目に見えています。

 

デメリットは、底が狭いTNC5200の方が、

少量の材料を混ぜるのには、適しているところです。

 

ただ、私もバイタミックス 780で、一人分の材料を回しても

全く支障はないので、それほど気にされなくてもいいかと思います!

 

 

3−2.ブレード(刃)の改良

Pro750とTNC5200のブレード

 

左が、Vitamix Pro750のブレードで、右がTNC5200のブレードです。

 

Pro750のコンテナに付いているブレードは、

直径4インチ(≒10.16センチ)のステンレス鋼を採用しています!

このステンレス鋼は、非常に錆びにくいという特性があります。

 

また上の横からの写真の方が、わかりやすいのですが、

ブレードの大きさが長くなり、角度も改良されております。

 

下の画像が、Pro750のコンテナでミキサーを回した時の

材料の混ざり方です。

バイタミックス Pro750のコンテナ

 

4つの円を描きながら、

全体で1つの円を描いて混ざるように改良されました。

 

実は、ここが一番知られていない点かもしれません!

 

このブレードの大きさ・角度の改良、そしてコンテナ内部構造の改良で、

モーターの力をそれほど変えなくても、

撹拌力が、全く違ったものへと改良されました!

 

以下の動画からもTNC5200のコンテナとPro750のコンテナの

性能の違いがわかります。

 

↓↓↓↓音量にご注意くださいね!

 

りんごが全く混ぜられていない点と、

りんごを濾した時に、750の方がザルに残るカスが少ないことがわかります。

 

完全にPor750のコンテナに軍配が上がります。

バイタミックス社が研究を重ねているのを考えると

新しく改良されたコンテナの方が、性能が良いのは当たり前のことですね(^^)/

 

 

4.ミキサーの価格

国内正規品のTNC5200は、89,640円(税込)です。

国内で販売されているバイタミックス TNC5200を見ると、

正規代理店さんから購入しても、楽天やアマゾンなどのサイトから購入しても価格は変わりません。

代理店さんが、価格規制をしているのでしょう。

 

対して、Pro750は販売店によって異なります。

当店の価格は、107,000円(税込)ですので、

他店さまに比べると、かなり安く設定させていただいております(*´ω`*)/

 

 

5.Pro750と5200の比較まとめ

 

上記を総合すると、

価格という面以外では5200はPro750には、全く敵わないでしょう。

 

自動プログラム搭載、静音性、

コンテナが低く改良された、ブレード・コンテナ内部の構造の改良、

 

ほとんどどれをとっても、

Pro750に軍配があがります!

 

個人的には、デザイン面でもPro750や780の方がオシャレだと思います♪

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

バイタミックスを検討されるときは、

高い買い物ですので、色々と比較してしまって、

結局何がいいのかわからなくなる・・・・

 

そんな方もおられるかと思います。

 

「バイタミックスを買いたいけど・・・色々不安で・・・」

「私はこんな感じで使用したいのですが、どれがいいですか?」

 

などなど、

どんな些細なことでも、

もちろん!世間話でも大歓迎です♪

 

是非お気軽にご連絡くださいませ(^^)/

 

お問い合わせはこちら→お問い合わせ

ショップはこちら→バイタミックス | Vitamix 専門店【バイタライフ(Vitalife)】

 

 

お客様の毎日にそっと寄り添える。

バイタライフはそんなお店でありたいと思っています!

これからも、バイタライフをどうぞよろしくお願いいたします(*´∀`*)♪