手作りのスムージーやスープなどを家庭で手軽に楽しめるミキサー(ブレンダー)は、実はパンやお菓子作りにも役立ちます。そんな調理の幅を広げてくれるミキサーをぜひが欲しいけど、たくさんあってどれがいいのかわからない!という方に、選ぶ際のポイントや、今注目のミキサーをご紹介しますいろいろ使える多機能タイプや、コンパクトタイプ、デザインがおしゃれなタイプなど。、あなたの暮らしにマッチする商品の選び方と、人気のオススメミキサーをご紹介します。

ミキサーをキッチンに置くといい理由は?料理・離乳食作りやお菓子・ジュース作りにも大活躍

ミキサーはスムージーやスープ以外にも、ソースやドレッシング、パン作り、やお菓子作りにも大活躍してくれるキッチン家電ですします。また使い方次第では、もっといろいろな料理が時短でハイレベルな仕上がりに!もう手作業には戻れない、ミキサーがあるといい理由をご紹介します。

面倒な野菜のカットも新鮮なジュースもサッと作れちゃう!ミキサーがキッチンで大活躍する理由

ミキサーがあれば、面倒な下ごしらえ作業や調理時間をぐんと短縮することができます。
例えば、食材の裏ごし作業やみじん切り作業をミキサーで行えば、

  • 野菜のポタージュスープ
  • タルタルソースやドレッシング、マヨネーズ
  • 離乳食
  • おかゆ

があっという間にできちゃいます。

さらに、面倒な泡立て作業や撹拌作業もミキサーにおまかせ!

  • 生クリームや卵白の泡立て
  • ケーキの生地づくり
  • パン生地づくり

難易度の高いスイーツもこれらのスイーツ作りにもミキサーを活用すれば、より手軽にご家庭でもいろいろなものが作れます。
また食材をペースト状になるまで細かくするスムージーやフローズンドリンクもは手作業だと不可能、ミキサーがあればあっという間に作れますないと作ることができません。

ミキサー・ブレンダー・フードプロセッサー・ジューサー違いはあるの?用途に合うものを選ぼう

そんなミキサーに似ているものにとブレンダー、フードプロセッサー、ジューサーなどがありますが、はどのように違うのでしょうか。似ているようで役割が少しずつ違います。それぞれの用途やメリットとデメリットをご紹介します。

ミキサー

ミキサーは、一般的に据置きタイプのものをいいます。食材を細かく粉砕してドロっとした液体状にすることが役割です。今、人気のスムージーや、赤ちゃんの離乳食、おかゆ、ソースなどを作るのに便利です。

ミキサーのメリット
  • 多くの食材を一度にあっという間に粉砕する
  • ミルやフードプロセッサーとしても使えるものもあり、調理の幅が広いる
  • 両手が空くので、他の調理や朝の支度などが同時進行でできる
ミキサーのデメリット
  • 置き場所が必要なことと
  • 水分が少ない食材には適さない

ブレンダー

欧米ではミキサー全般をブレンダーと呼びますぶのですが、日本では一般的にハンドミキサーのことをブレンダーと呼ぶ傾向にありますので、ハンドミキサー=ブレンダーで説明します。
ブレンダーはスティック型のミキサーで、片手で操作します。食材をつぶす、混ぜる、泡立てる、きざむなどの作業に便利です。少量でも調理ができるので、離乳食作りにも適しています。
ブレンダーはスティック型のミキサーで、片手で操作します。

ブレンダーのメリット
  • コンパクトで少量調理でも気軽に使用できる、収納に便利
  • ボウルや鍋に直接突っ込んでミキサーをかけられる
  • ビーターなどのアタッチメントを付け替えることでて、多様な作業に対応できるタイプがある泡立て器になるなど多機能タイプがある
ブレンダーのデメリット
  • 大量調理に適さない
  • 食材を細かくする粉砕力は据え置きタイプのミキサーに劣る

フードプロセッサー

フードプロセッサーは、固形の食材を細かいみじん切りにします。液体状にするミキサーに比べると、フードプロセッサーは固形の仕上がりです。スライスしたり、刻んだりすることができ、料理の下ごしらえに便利です。

フードプロセッサーのメリット

野菜のみじん切りや、肉・魚をミンチにするまな板作業が時短できる

フードプロセッサーのデメリット

ミキサーほど食材を細かく粉砕できない

ジューサー

ミキサーと間違われがちなジューサーは、食材を粉砕するのではなく、搾る絞るイメージです。すりつぶした食材から繊維質などの固形物を除いて、サラサラの液体((果汁))だけを取り出します。

ジューサーのメリット
  • 100%果汁のサラっとしていて飲みやすいジュースが作れる
  • 残った食物繊維たっぷりの搾りかすはお菓子づくりに利用できる
ジューサーのデメリット

主にジュースを作るための家電であり、汎用性に乏しいジュース作り以外に使用用途がない

スタンドミキサー

泡立てや生地作りを行う過程のかき混ぜやこねる作業を行う卓上ミキサーで、キッチンエイド社のものが有名です。主にスイーツやパン作りで使われ、アメリカの家庭では一般的ですが日本の家庭では手で持つタイプが多く使われています。

スタンドミキサーのメリット

作業中に両手が空く

スタンドミキサーのデメリット
  • 置き場所をとる
  • 食材の粉砕力はない

スタンドタイプのミキサーとハンディタイプのミキサーはどちらがおすすめ?

本格的なお菓子作りに欠かせないのが、生クリームや卵の泡立てに活躍する電動のミキサーです。ハンディタイプのミキサーと、最近人気のスタンドミキサーはどちらが使いやすいでしょうか?

ハンディタイプのミキサー

泡立て器(ビーター)が2つついたハンディタイプの電動ミキサーで、片手で持って操作します。

ハンディタイプのミキサーのメリット
  • 泡立てが簡単に行なえる
  • 使わないときは収納しておける
ハンディタイプのミキサーのデメリット
  • 泡立て機能以外に用途がない
  • 大量調理には向かない

スタンドミキサー

泡立てや生地作りを行う過程のかき混ぜやこねる作業を行う卓上タイプのミキサーで、ミキサーとボウルが一体になっています。キッチンエイド社のものが有名で、主にスイーツやパン作りで使われ、アメリカの家庭では一般的な調理家電です。本体からミキサーを分離できるタイプがあり、ハンドミキサーとしても使うことができます。

スタンドミキサーのメリット
  • 作業中に両手が空く
  • 泡立てる作業の他にかき混ぜる作業も得意

    大量の食材を長時間撹拌し続けることができる

スタンドミキサーのデメリット
  • 置き場所をとる
  • 食材の粉砕力はない

ミキサー選びのポイントは?パワーや容量、安全性、キッチンの収納場所もチェック

「毎朝、栄養たっぷりのスムージーを飲みたい」「ディナーのメインディッシュにおいしいソースを作りたい」「子供のために安心な手作り離乳食やスイーツを」と思うならばやはりミキサーが便利。しかし幅広い商品が販売され、どれを購入すればいいか迷ってしまいます。値段もまちまちです。ぜひチェックしてみてほしいポイントをご紹介します。(導入)

キッチンで使うなら置き場所や収納場所の大きさを考えよう!

ミキサーを購入する前に、設置場所や収納場所を考えて、どれくらいのサイズだったら希望の場所に収まるか考えておきましょう。お店で商品を見た時は大丈夫だと思っても、実際に自宅のキッチンに置いたら大きくて困ってしまった、存在感があってキッチンの雰囲気が損なわれてしまった、という声が多いのです。

気軽に使えるように、さっと手の伸びる場所に置くことができるのが理想ですが、電化製品なので、電源をどこから取るかということも想定しておきましょう。
据え置きタイプのミキサーを選ぶなら、設置場所に置けるサイズを計測しておくと安心です。

ラックや棚などに設置・収納する場合は、ミキサーの高さも意識して計測しましょう。
またキッチンが狭くて置き場所や収納場所が確保できない場合は、スペースが小さくて済むコンパクトタイプのミキサーやハンドミキサーがおすすめです。

また見える場所に設置する場合は特に気になるのが色やデザインです。あなたのキッチンに馴染む、見た目もおしゃれなミキサーだと使うのが楽しくなります。

あなたの料理の幅が広がるミキサーの選び方を紹介します。きちんとチェックして、使い勝手の良いミキサーを購入しましょう、大活躍間違いなしのキッチンツールになります。

ミキサーの力強さはどこでわかる?ワット数に注目しよう

ミキサーは商品によって粉砕力がまちまちです。粉砕力が強いほど、食材を細かくなめらかになるまで粉砕することができるため、せっかくならパワーのあるミキサーを選びたいもの。ミキサーで一番重要な「“粉砕力」”は消費電力で確認しましょう。

販売されているミキサーの消費電力は120~15900W 程度と幅広くありますが、消費電力に比例して粉砕力も変わります。
例えば、柔らかいフルーツなどならばで200W前後あれば十分です。

しかし繊維質の多い葉野菜や、氷、冷凍したフルーツなどをミキサーにかけたい場合は、200W以上あるものがよいでしょう。繊維質が舌にザラっと残らないなめらかな状態に仕上げたい場合は、さらに消費電力が大きいものが理想です。

驚くほどなめらかにグリーンスムージーが作れると話題のバイタミックスのミキサーは、消費電力が900900W以上のハイパワーミキサーです。かたいアボカドの種もなめらかなペースト状にするほどの粉砕力で、栄養豊富なフルーツの皮や種まで使ってスムージーが作れます。

ミキサーのパワーについてはバイタミックスが選ばれる理由でもご紹介しています。

ミキサーで何を作りたい?刃の形状や容量に注目

次に注目したいのがミキサーでどのような料理を作ろうと考えていますか?
何をどれくらいの量作りたい、と想定してミキサーを選ぶと失敗がありません。食材を粉砕するブレード(刃)です。

まずミキサーのカッター刃には、「平刃カッター」、「波刃カッター」、「ギザ刃カッター」の3種の形状があり、それぞれ得意分野が異なります。作りたい料理によって選びたいところです。

  • 平刃カッター:繊維質が少ない野菜や肉などを刻むのが得意
  • 波刃カッター:ナッツや氷などのかたい食材を刻んだりむ、砕いたりするくのが得意
  • ギザ刃カッター:繊維質の多い食材が得意

もし氷や冷凍フルーツ、繊維質の多い葉野菜などを使ったスムージーを作るのなら、波刃カッターか、それより粉砕力の強いギザ刃カッターがおすすめです。どの刃もとても鋭利な作りになっていることが多いですますが、強力な粉砕力で知られるバイタミックスのミキサーは、刃の鋭利さではなく「“刃のかたさ」”とその強力な粉砕力で食材を細かくします。

そんな丈夫な刃と粉砕力があれば、果物や野菜の皮や種を粉砕するのも簡単です。実は果物や野菜の皮や種には、かたい細胞壁に守られたファイトケミカルという化学成分があります。ファイトケミカルには抗酸化物質も含まれ、健康のためにぜひ摂取したいところですが、残念ながら人間の歯と顎では十分に咀嚼することができません。しかしミキサーでなめらかにすりつぶせば、十分に体に取り入れることができます。

ファイトケミカルについては「ファイトケミカルとは?バイタミックスで作るスムージーの効果がすごかった!」でもご紹介しています。

また重要なのが、ミキサーの調理できる「“容量」”です。スムージーを一1人分作るのであれば、300ml~500mlの容量があれば十分です。少この容量のコンパクトタイプのミキサーの場合は、モデルによってはミキサーにかけた後、あとそのままタンブラーとして持ち運べるものもあってとても便利です。
一方、複数人分の料理に使うのであれば、1L以上の大きいコンテナ(容器)サイズのミキサーがおすすめです。ミキサーをかける前は食材がかさば張るので、必要容量より少し大きめのものを選びましょう。

大きさという点では、家のどこにミキサーを置きたいかということも考慮したいところです。もし一人暮らしで収納場所が少なければ、コンパクトタイプが最適です。また、デザイン性の優れたものならば、キッチンのテーブルに出したままでもおしゃれなので、収納場所が足りないという方にもおすすめです。

好きな時間にミキサーを使いたいなら稼働時の音の大きさも重要

ミキサーを選ぶ際、に忘れがちなのが「“稼働音」”にも着目しましょうです。特に集合住宅にお住いの方は、稼働音が近所迷惑にならないか心配という方もいらっしゃるかと思いますいます。

ミキサーの稼働音は、以下の3種が合わさったものになります。

  • モーターの稼働音
  • ミキサー本体が揺れる振動で起こる振動音
  • 振動するミキサーと接地面で起こる共振音

気になる稼働音ですが、これはミキサーの消費電力、つまりパワーに比例して大きくなります。かといって、音が小さなミキサーを選ぶと低速で粉砕力が小さいものになってしまいます。

ミキサーの稼働音は、以下の3種が合わさったものになります。

  • モーターの稼働音
  • ミキサー本体が揺れる振動で起こる振動音
  • 振動するミキサーと接地面で起こる共振音

そこでミキサーの振動音と共振音を和らげるために、ミキサーをキッチンカウンターの上に直接置かずないで、防振マットを敷くのがおすすめですきましょう。防振マットはホームセンターなどで購入できます。

また、それでも音が気になる場合は、ミキサー本体を覆う防音ボックスも販売されています。さらにミキサーによっては、低速~高速までモード調節ができるものがあるので、音が気になる時間帯は低速にしてもで、と使い分けても良よいでしょう。
ミキサーを気軽に使うためには、「稼働音」にも注意して選びましょう。

ミキサーの※稼働音については参照:「音が静かでスムージー作りに使えるミキサーは?バイタミックスのどのシリーズを選ぶべき?」でもご紹介しています。

安全第一!チャイルドロックや安全のための機能を調べよう

鋭い刃が高速で回転するミキサーは、小さなお子様がいらっしゃるご家庭では注意したいものツール。そこでミキサーにはチャイルドロックなどの安全装置がついた製品が人気ですもあります。
コンテナのフタがきちんとはまっていないと刃が回らない、コンテナがきちんとセットされていないと刃が回らない、刃が露出したままでは回らない、などメーカーそれぞれ仕様が異なります。
またこれらの安全装置は、お子様だけでなく、調理中の不意の事故防止にも役立つ機能です。

とはいえ、安全機能がついていてもどんな事故があるか分かりません。お子様の手が届かないところで調理するようにしましょう。お子様だけでなく、ミキサーの刃はとても鋭利なので、お手入れ時などには十分注意して取り扱いましょう。

2019年キッチンに一台欲しいおすすめミキサー

パワーに優れなめらかでおいしいスムージーを作りたいならばおすすめは、スムージーやポタージュスープなど、ミキサーを導入して野菜やフルーツをたっぷり使ったヘルシーな食生活を始めましょう。2019年にぜひ手に入れたいバイタミックスのミキサーです。おすすめのミキサー“バイタミックス”をご紹介します。

アメリカでも圧倒的人気No.1!パワフルミキサーバイタミックスの2019年最新モデル

プロの料理人や、アスリート、モデルやハリウッドスターなどのセレブ達から支持されているアメリカで人気NO.1なのが、のバイタミックス のミキサーです。は、日本の家庭にもおすすめの高性能ミキサーです。
その魅力はなんといっても圧倒的なハイパワーであること!さらに重要な耐久性に優れ、お手入れがの手軽楽チンさということで、!日本の家庭にもおすすめの高性能ミキサーです。

圧倒的なハイパワーで驚くほどなめらかなスムージー
バイタミックスのミキサーは、どれも790W~1500Wのハイパワーモデル。

繊維質が多い野菜やでも、フルーツの皮や種も驚くほどなめらかに粉砕、食材の細胞壁まで細かく粉砕するため、人間の咀嚼では不可能な栄養の抽出がを可能ですにしました。

なめらかで飲みやすいうえ、栄養豊富なスムージーを作ることができます。

お手入れが楽だから気軽に使える
自動洗浄機能がついたモデルでは、ミキサー使用後のお手入れは、コンテナに台所用中性洗剤数滴と水を入れてスイッチをONにするだけ。
自動でコンテナ内をきれいに洗ってくれるので、後あとはコンテナ内の洗剤液を流水ですすぐだけです。

また食洗器対応のモデルは、ミキサー使用後はそのまま食洗器へ。
お手入れが面倒だと使うのがおっくうになりますが、バイタミックスなら毎日でも使いたくなりそうです。
大きなコンテナも面倒なお手入れを気にすることがなければ、気軽にミキサーを使いたくなります。

まとめ

  • ミキサーがキッチンにあれば、おいしい料理が簡単に時短でできます。
  • そんなミキサーを選ぶ際には以下の点をチェック
  • ミキサーを選ぶ時には、消費電力(ワット数)
  • 容量
  • 刃の形をチェック
  • 稼働音
  • お手入れのしやすさ
  • バイタミックスはハイパワーで野菜や果物を砕くから、なめらかでおいしいスムージーが作れる

消費電力が大きくハイパワーなミキサーならば、フルーツや野菜を丸ごと使ったスムージーもなめらかに仕上がり、栄養をたっぷり取り入れることが可能です。

ハイパワーでありながら、静音のミキサーならばバイタミックスがおすすめ。ミキサーを使って健康的で彩り豊かな食卓を!
おすすめのミキサー“バイタミックス”なら、よりおいしく、より栄養豊富な調理が可能バイタミックスの購入は安心のバイタミックス専門店「バイタライフ(Vitalife)」 で!

バイタミックス専門店バイタライフ