新年度、新しいことにチャレンジしてみませんか?プロ仕様のミキサーを使って、お料理をランクアップしてみるのはいかがでしょうか?プロが使う信頼できる高性能なミキサーなら、手間暇かけずに料理の幅がぐんと広がり、これまでなかなか手を出せなかったレシピもプロのような仕上がりに!

どの機器を購入すればいいの?ミキサー、フードプロセッサーなどそれぞれの違い

ミキサーとフードプロセッサー、さらにハンディミキサーは、どのように使い分けするものなのでしょうか。あなたに必要なのはどれか、それぞれの違いについてご紹介していきます。

ミキサー、フードプロセッサー、ハンディミキサーの違いと特徴

ミキサーとフードプロセッサー、ハンディミキサーは、似たような機能を持ちますが、ちょっとずつ得意なことが違います。あなたが作りたい料理はどれを使ったら便利かご参考にしてください。

ミキサー

ミキサーは水分の多い食材を粉砕してドロドロの液体状にすることを得意とする調理家電です。得意料理はスムージーやスープ、シャーベットなど。

フードプロセッサー

フードプロセッサーは食材を細かいみじん切りにしたり混ぜたりするのが得意な調理家電です。得意な作業は、かたまり肉からのひき肉作りや、ハンバーグ・餃子のタネやケーキやパンの生地作りなど。

ハンディミキサー(ハンドブレンダー)

ハンディミキサーは、片手で握って使えるバータイプのミキサーです。調理中の鍋へ直接ハンディミキサーを突っ込んで使うことができて、手軽でとても便利ですが、容量が多いと時間がかかり作業が大変です。

関連記事:スムージーはミキサーとフードプロセッサーどちらで作るのが良い?

最適な機器の選び方とミキサー購入時にチェックすべき項目

食材をドロドロのペースト状にするミキサーと、細かいみじん切りにするフードプロセッサー、得意分野が異なるため、どちらも欲しい場合は2台買うと置き場所に困ってしまいます。

そこでおすすめしたいのが、プロも使用する高性能なミキサーです。

驚くほどの粉砕力で、かたい氷も食材の繊維質もなめらかになるほど細かく粉砕するプロ仕様のミキサーは、スピード調節機能がついていてフードプロセッサーとしても使うことができ、1台でどちらの用途にも応えてくれます。

では、1台でさまざまな用途に応えてくれる高性能なミキサーは、どのようなものでしょうか。
さまざまな商品が並ぶ中迷ってしまったら、購入する際に以下の項目をチェックしましょう。

①消費電力

ミキサーの消費電力は“粉砕力”に影響します。一般的なミキサーの消費電力は200W前後のものが多いのですが、高性能なミキサーを選ぶなら消費電力が1000W以上のものが理想です。

②回転数

ミキサーは回転数が多いほど食材を短時間で細かく粉砕します。一般的なミキサーでは毎分1万回転前後、高性能ミキサーを選ぶなら2万回転以上が理想です。また低速回転から高速回転まで調節機能がついていると、フードプロセッサーとしても利用できて便利です。

③カッターの刃

高性能なミキサーは、ハイパワーな粉砕力でかたい氷やフルーツの種も砕いても刃こぼれしない、耐久性のある強靭なカッター刃が使用されています。“氷対応”の表記も目安になります。

④容量

ミキサーはシングルユースのコンパクトタイプから大容量タイプまでサイズがさまざま。作りたい料理やその分量を目安にミキサーを選びましょう。少量調理しかしないのに大容量タイプを買ってしまったりすると、またその逆も使い勝手が悪くなってしまいます。

関連記事:自宅で使える業務用のおすすめ人気ブレンダー(ミキサー)
関連記事:ハイパワーミキサーのおすすめは?氷も粉砕、なめらかなスムージーが作れるミキサー

プロが使用するミキサー(ブレンダー)や専門機器

ツヤのあるふわふわの生クリーム、ふっくらしたパン、なめらかなスムージーにポタージュスープなどは、専門の調理機器を活用すれば、特別な技術がなくてもご家庭でプロが作るような繊細な料理が再現できます。

プロのパティシエのような生クリームを立てられるミキサー

生クリームをご家庭で作る時は、氷水にボウルを当てながら泡立て器でシャカシャカ…慣れない作業に腕が疲れる大変な作業です。
この作業をもっと楽に、プロのパティシエが作るようなきめの細かホイップクリームをご家庭で作る時の強い味方が、“ハンドミキサー”です。スイッチONで高速で泡立て器が回転してあっという間に生クリームがふわふわに泡立ちます。
さらにもっと楽に作ることができる“エスプーマ”という機器があります。容器に生クリームと亜酸化窒素ガスを充填しセットすれば、振ってレバーを握るだけでホイップクリームが出てきます。すぐに泡立ち、ボトルに入れたまま保存がきくので飲食店で多く使われている調理機器です。

お店のスムージーを作るプロ仕様のミキサー

お店で飲むスムージーとご家庭で作るスムージーがなんだか違う、と感じられる場合は、それは材料やレシピの違いではなく、プロが使うミキサーによる“なめらかさ”の違いです。プロ仕様のミキサーは、ご家庭で使われている一般的なミキサーよりずっとハイパワーで、舌にザラっと残りやすい野菜やフルーツのかたい繊維質もなめらかにする粉砕力で、舌触りがよく、なめらかで飲みやすいスムージーを作ることができるのです。
さらにハイパワーなミキサーには他にもメリットがあります。短時間で食材を細かく粉砕できるため、ミキサーの回転による刃と食材の摩擦熱で失われる栄養素の損失が少ないという点です。一般的なミキサーでスムージーを作るより、栄養素が豊富なスムージーに仕上がります。

パン職人がパンをこねるミキサー

パン作りで一番大変な作業が“こねる”作業です。こねる作業は、小麦粉からパンをふっくらと膨らませるためのグルテンを引き出す重要な作業ですが、力も時間も技術も必要で大変。
そこで活用したいのがパン生地を“こねる機器”。専用の「パンこね機」や「ホームベーカリー」、また「スタンドミキサー」や「フードプロセッサー」で代行できます。
大変な手ごね作業を、専用機器に任せればご家庭でも気軽に焼き立てのパンを楽しむことができます。

料理家がスープを作るのに使うミキサー

コーンやかぼちゃ、ブロッコリーなどで作るポタージュスープは、加熱した食材を裏ごししたりすりつぶす工程が手作業だと大変です。
そこで活用したいのが「ミキサー」や「スープメーカー」。ミキサーを使えば、加熱した食材と牛乳やスープストックなどの材料をコンテナに入れてミキサーにかければ、面倒な裏ごしやすりつぶす作業があっという間に終わります。またスープメーカーは、もっと手軽にポタージュスープが作れます。具材を切って残りの材料と一緒にセットするだけで、加熱・つぶす・混ぜるなどの工程をすべて行ってくれてスープが完成です。

1台5役 !さまざまな用途に対応できる「Vitamix A3500」

専用の調理機器を活用すればプロが作るような料理を手軽にご家庭で楽しむことができますが、さまざまな機器を全部購入するのは、お金も置き場所も悩んでしまいます。しかしすべてを1台で叶えてくれるぜいたくなミキサーがあります。プロが愛用する高性能ミキサー「Vitamil A3500」は、1台でいろいろな用途に応えてくれる優れもの!「おすすめミキサーランキング」でも人気のA3500の特徴・詳細を紹介します。

プロも認める高性能

消費電力1500W、24000回転で他のミキサーを圧倒するハイパワー。さらに回転スピードは19段階も調節が可能なので、驚くほどなめらかな仕上がりから食感を残した仕上がりまで自由自在。

多機能:自動調理機能と3種のコンテナ

バイタミックスA3500は、最新のテクノロジーを搭載した高性能で多機能なモデルです。
スムージー、アイス、ホットスープ、ピューレ、クリーニングの便利な5つの自動調理機能がついています。食材をコンテナに入れるだけでスムージーやアイスを、さらにミキサーなのに温かいスープも自動で調理してくれます。クリーニング機能は、コンテナに洗剤数滴と水を入れて自動洗浄をしてくれ、あとは水道水ですすぐだけのお手入れが簡単な嬉しい機能です。

さらに3サイズのコンテナが利用できます。スープやスムージ―作りには2Lコンテナを、少量調理には600mlカップ、離乳食作りやコーヒーミルに最適な225mlボウルと、料理ごとに使いやすいサイズのコンテナを使い分けができてとても便利です。

さまざまなレシピに対応

バイタミックスは、スムージーやスープ作りはもちろん、さまざまな料理レシピに対応しています。プロ顔負けの繊細な泡立ちのホイップクリームや、パンのこね作業もお任せください。
高性能で多機能な「バイタミックスA3500」は、1台でミキサーやフードプロセッサー、ハンドミキサー、スープメーカー、ミルなどさまざまな調理機器として使用できる頼れるクッキングツールです。

参考:ホイップクリーム(Vitamix公式サイト)
参考:全粒粉パン(Vitamix公式サイト)
参考:クランベリーナッツパン(Vitamix公式サイト)
参考:かぼちゃのスープ(Vitamix公式サイト)

まとめ

  • ミキサーとフードプロセッサーは特徴や用途が違う
  • プロのような料理を作るためには、専門の調理機器が必要
  • おすすめの「Vitamix A3500」なら、ミキサー1台でプロ顔負けの料理が調理可能

「Vitamix A3500」は1台5役!高性能で多機能なうえ、さまざまなサイズのコンテナや乾燥した食材に対応したドライコンテナもあって便利、スタイリッシュなデザインはキッチンにも映えます。
「Vitamix A3500」ならプロ顔負けのさまざまな料理をご自宅で楽しめます!

Vitamix A3500はこちら